ホーム >  ワイナリー情報 50音順で探す  > ワイナリー情報詳細

東亜商事|Passion Cellar : ワイナリー情報

ご登録がお済みの方は、右のログインボタン、もしくはトップページからログインしてください。
ログイン
お客様のご登録についてはこちら

ワイナリー情報詳細

シャトー・ドゥ・ヴァルコンブ

品質の原点は、情熱のブドウ栽培。

歴史・概要

シャトー・ドゥ・ヴァルコンブはフランス南部のガール県、ニームとアルルの中に位置するローヌ渓谷最南端の街、ジェネラックにあります。かつてこの周辺がヴァルコンブと呼ばれていたことからシャトーの名前がつけられました。正式な創業は1820年ですが、ドメーヌの歴史はさらに古く、1790年にフランス革命軍へ配達した伝票が残っているほどです。ドメーヌは開かれて依頼リコム家一族によって代々引き継がれてきました。シャトーは美しい自然にかこまれた小高い丘に建っています。中でもシャトーへと続く樹齢100年の、松並木の美しさは別格で、映画〔年下のひと〕のロケ地に選ばれたほどです。

ホームページ:http://www.chateaudevalcombe.com/

造り手

Dominique RICOME ドミニク・リコム    

特徴

コスティエール・ド・ニームで初の快挙
三ツ星レストランで採用されるよりも難しいと言われるエリゼ宮殿で認められたワイン。

土壌・環境

最適な立地、きめ細かく理想的な農法
ドメーヌのブドウ畑は栽培に最も適した真南に向いた暖やかな傾斜地です。70haと広大で、その全域がAOCに基づいたワイン『コスティエール・ド・ニーム』を産する地域と指定されています。土壌は何億年も前にローヌ河によってもたらされた丸石を多く含んでおり、ブドウ造りに敵したものです。畑は25区画からなり、区画ごとに品種、樹齢を分けて栽培されています。もつとも古い木は、樹齢100年、平均でも30年以上になります。現オーナーのドミニク・リコム氏は土壌管理をはじめブドウ栽培全体に高度な知識を持ち、きめこまかな農法を行い、フランス農産省が認定するアグリキュルチュール・レゾネ(地球に優しい理論的農業)に基づいたもので、環境や土壌の豊かさを最大限に守りながら、高品質で安全なワインを生産することを目的としています。

  • リコム氏

  • リコム夫妻と息子たち

  • 1855年 パリ万博で受賞したメダル

  • ヴァルコンブの畑

このワイナリーのワイン一覧

現在、表示できるは商品ありません。
PAGE TOP

お問い合せ

弊社取扱い商品のお問い合せは以下にお願いします。
東亜商事株式会社  酒類事業部
TEL.03-3294-4075 FAX.03-5280-9855
(電話受付:9:00~18:00 ※土日祝を除く)
お問い合せはこちら